スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジア食材店 

カテゴリ:食べ物の事

私がニュージーランドに初めてきた1991年と比べると、今では日本人としてとってもすごしやすくなったウェリントンです。日本人として、、、、というのは、日本食材が手に入りやすくなったからです。1991年、ウェリントンから2時間ほど離れている町に住んでいた私ですが、日本食の材料を買うためにウェリントンまで出向いていたのです。ウェリントンで日本食品を買いだめしていたあのころと比べると、いまでは本当に便利となりました。スーパーでも簡単に手に入るようになりました。すし用の食材をはじめ、お菓子やカレー粉、ヌードルなど、スーパーで手に入ります。きっとアジア人のみでなく、一般ニュージーランド人もこういったものを買うようになったのでしょうね。

ウェリントンには数件、アジア食品店があります。ウェリントン市内で便利なのは、Hopper StreetにあるYan's Supermarket。ここには中国、韓国、インド、日本といろんなアジア食材がそろっています。乾物、お米、麺類、調味料、お菓子、缶詰、冷凍品、、、、見ていて飽きないくらいの品そろえです。調理器具なども手に入ります。

そして最近新しくできたのがDavis Food Mart。Taranaki StreetとKaro Driveの交差点に店を構えています。街中の店には珍しい、大きな駐車場がうれしい限りです。Davis Food MartはPetoneに店があるのですが、ここはそのウェリントン支店のような感じです。同じような品揃えです。でも、欠点は、値段がちょっと高い!立地がいい分、価格を上げているのか?

ウェリントン滞在中に日本食が恋しくなったら、ぜひこういったスーパーへ出向いてみてください。こんなものが見つかった!と、面白い発見ができると思います。
スポンサーサイト

テーマ : ニュージーランド ジャンル : 海外情報

コメント

1991年に始めてウェリントンに来たんですね。
私も1991年にウェリントンにいました。
記憶が確かならば街中に『デカ』という日本でいえば量販店みたいな店があり
ケーブルカーで上に登っていくとボタニックガーデンという植物園があった様な…
今は当時よりはるかに都会に近づいているんでしょうね。
私はカローリと
ペトーネのジャクソンストリートに住んでました。
ティップトップのアイスはメチャメチャ甘いけどおいしいですね!カロリー炸裂です
(*^^*)あと超ピンクシュガーのかかっているパンとウェリントン駅の売店で売っていたミートパイ、
あとタラルア・バター??何ともコクがあるバターでした。
ウェリントンハイスクールのグレーのVセーターとチェックのミニスカートとカーキ色の落書きだらけのバック(笑)今はさすがにもう変わってますね(^^;

ゆうこさんへ

同じ時に同じ場所にいたのですね。Wellington Highに通っていたのですね。その当時のウェリントンを考えると今ではかなり変わっていますよ。モーターウェイも場所が変わりました。ウェイントンの駅もきれいになり、バス停あたりもモダン化されています。Westpac Studiumはまだなかったですよね。DEKAはなくなりました。ピンクのパン(raspberry fingers)はまだまだ健在です。きっと今のウェリントンを見たら、back to the futureの気分が味わえることでしょう。ぜひまたいらしてくださいね!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。