スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大使館からの通報 

カテゴリ:未分類

海外に住んでいると大使館からたまに手紙やメールなどが送られてくる。在邦人宛に、日本や滞在先での知っておかなければ行けない情報などが流れてくる。最近は新型インフルエンザ関係のメールが多かった。選挙の海外投票などのことも連絡が来る。学校に通う年齢の子供がいる家庭には日本の教科書が届いたから取りに来いとかいった手紙も届く。

今日、大使館から届いたメールにはこんな事が書いてあった。

『8月19日、ペトーネの海岸に死んだ魚が打ち上げられているとの報道がありました。市のスポークスウーマンによれば、これら死亡した魚は検査のために検査機関に送付されたとのことですが、現在のところ、その原因については不明であると述べています。
また、テ・パパの専門家によれば、死んだ魚はNZ沿岸によく見られるフグに近い種であり、フグと同様に有毒であるため、食べたり、ペットに与えたりすることのないよう警告しています。
なお、8月上旬、オークランド海岸で犬が死亡した事例がありましたが、これはフグやウミウシ(seaslug)に含まれていた毒素(テトロドトキシン)によるものだと考えられています。
 現在のところ原因は調査中とのことですが、在留邦人の皆様におかれましては、念のため、海岸で死んでいる魚等には触れないようご注意下さい。』

海岸で死んでいる魚を食べようとする日本人はいないだろうな...と思いますが。まあ、念のためってことでしょうね。ニュージーランドに滞在する日本人が海岸で死魚をひろってそれを食べて死亡....なんていうニュースを日本で流したくないでしょうからね。しかしニュージーランドにもフグ(に近い品種)がいたとはおどろきでした。ちゃんとした料理人がいればフグのお刺身がたべれるってことかな?
スポンサーサイト

テーマ : ニュージーランド ジャンル : 海外情報

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。