スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エキシビション最終日 

カテゴリ:ロードオブザリング関係

とうとうエキシビション、最終日を迎えてしまいました。4月14日から始まったロードオブザリングエキシビション。沢山の方もこの為に日本からわざわざやって来てくれました。最終日にもう一度、名残惜しく行って来た私です。
banner

このバナー、どうしちゃうのでしょうね。明日になったら一体何処へ消えてしまうのか?テパパの人にあげちゃう?それともゴミ箱行き??

frodo banner

lartz banner

以前に日の加減でうまく取れなかったこの二つ。今日はちゃんと撮れた!これも消えちゃうのねえ。

statue

これもウェタの倉庫にしまわれるのでしょうか。これからもここにず~と残ってくれると嬉しいのにな。倉庫に入っていたってじゃまになるだけでしょうに。

エキシビションストアーももう今日限りだね。品物がまったく無くなっている。ポスターなんて一種類しか残っていない!しかも安売り$3.99!なぜかレゴラスのポスターが売れ残っているんだからビックリです。マグネットもキーリングもキャラものしか残っておらず。先日ガイドのナオミさんに頼んでFellowershipのキーリングを買ってもらっておいて良かった~。マグカップも$5になっていたので子供達に買ってあげた。あまり良い絵ではないけど、安いし思い出になるし。T-シャツもどうしようかと悩んだあげく、買ってしまった。これでもう手に入らないかと思うと弱いです。負けました。リングスクリプトの入っている黒いシャツ。本当はアルウェンのイーブンスターが刺繍してあるのが欲しかったんだけど、サイズが大きすぎました。

LOTRランチボックスも売り切れてました。箱が恐竜に変わっていて、もうあのシール付きの箱が手に入らないみたいです。ただの紙箱にシール貼ってあるだけの物だったけど、なくなっちゃうとがっかりだったりする。

地元の新聞でも書いてあったけど、今日でウェリントンのロードオブザリングのつながりが切れてしまうのでしょうか。悲しいです。ウェリントンはいつまでもLOTRの故郷として残って欲しい。キングコングもここで撮影されたけれど、私にとってウェリントンはLOTRの街です!エキシビション無くなってもロケ地は残っている。映画に参加した人達も残っている。役者さん達もピーター・ジャクソンに会いに、NZの自然に触れにやってくる。ウェリントン市民にとってこの映画はただの映画ではありませんね。私たちの日常生活の一部になっているのだと思います。

個人的活動でなんとかロードオブザリング博物館の話が出てくれるよう、頑張ります。
スポンサーサイト

テーマ : ニュージーランド ジャンル : 海外情報

コメント

とうとう…

終わってしまいましたね…。寂しいです…。エキシビジョンがあると知った時は、まだまだ先は長いしと思ってましたが、なんでも時が経つのが早く感じてしまうのは、年のせいですかねぇ。

何年後かにぽそっと開催しないかしら??

それよりなんとしてもリチャード・テイラー氏に早く記念館を造っていただかなくては。

>地元の新聞でも書いてあったけど、今日でウェリントンのロードオブザリングのつながりが切れてしまうのでしょうか。

って、そんなぁ;
ずっとずっと、ミドルアースの入り口であってください。

>ロードオブザリング博物館

もぜひっ!

まひなさんへ

時が経つのは速いものですね。まひなさんがウェリントンにいらっしゃったの6月でしょう。もうあれから2ヶ月たっちゃいましたよ。何年か後に復活してくれたら良いですよねえ~。それよりも常時博物館めざせ!!

naoさんへ

公のLOTR物がなくなってしまっても、ウェリントンは私たち市民の心の中ではいつまでもロードオブザリングの街です!これだけは無くして欲しくありませんよ。PJのスタジオ、ウェタがウェリントンに残っている限りは『LOTRの故郷』譲れません。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。