スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緊急電話111番、50周年を迎えました。 

カテゴリ:ニュージーランドのニュース

日本では110番の緊急電話番号。ニュージーランドでは111番です。アメリカだと911、イギリスだと999番です。

ニュージーランドでこの番号を使い始めたのは1958年の5月8日。今年で50周年を迎えました。1958年に、ワイララパ地方にある街マスタートンとカータートンからはじまった緊急電話サービス。ウェリントンには1961年、クライストチャーチには1964年、ダニーデンに1966年、オークランドに1968年、利用されるようになりました。オークランドが他の都市より遅いのにはびっくりですよね。そして1988年にやっとニュージーランド国中すべてに行き届くようになりました。

111番が使われるようになった当初は1日に3~5回ほどの電話がなったそうです。今では週に52000回、一日に7400回、1時間に310回もかかるそうです。でもその半分はいたずら電話が多いとか。子供が間違えてかけてしまったり、些細な事で電話したり......。本当に困っている人を助ける為の電話番号ですが、いたずらで使われてしまったりするのですよね。

ニュージーランドに住み始めたばかりの人にはこの番号、ちゃんと覚えてもらいたいものです。日本と同じ番号だと思っていたら大変ですからね。犬の鳴き声って覚えるといいかも!(ワン、ワン、ワン)
スポンサーサイト

テーマ : ニュージーランド ジャンル : 海外情報

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。