スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Stansborough織物工場の写真追加 

カテゴリ:ロードオブザリング関係

以前の記事で紹介した”エルフのマントを作った”織物工場見学に続いたトピックです。
Stansborough工場見学のレポート

先日行ったときには気がつかなかったものを、昨日行った時に発見しました。
フィルム

こうして壁に映画のフィルムが飾られているのです。写真があるなあ....くらいにしか思ってなくって、その前に飾られていたピピンのサイン付きのマントに目がくらんでいた私たちでした。

それが!この壁に飾っているものにもサインがついていた事を発見!!
ギムリのサイン

ギムリ役のジョン・リース・デイビースのサイン。
『If only I had purchased my underwear from Stansborough I'd have been really warm.』(スタンズボロウで下着を買っていたら、とっても暖かかったのになあ...)って書かれています。なんだか彼らしいコメント!しかも、その後に『warm but prickly』(暖かいけどチクチクする)って書いている!!そりゃ、下着には向かない素材だろうなあ。

サムのサイン

サム役のショーン・アステンのサインも発見!『Thanks for this』って矢印付きで書いてある。

この二人はこの工場に来たのかしら??気になる。

ここのオーナーは昔カール・アーバン(エオメアですよ、エオメア!!)の近所に住んでいたらしく、オーナーの子供達はよくカールと一緒に遊んだものですって。ああ、小さい頃のカールの写真でもお願いしたいくらいです~~。ローハンもエルフマントもらえていたら、彼のサイン付きの写真もあっただろうになあ......。ローハンの衣装はさすがに手がけていないようだ。

この工場見学、見逃せませんね!
スポンサーサイト

テーマ : ニュージーランド ジャンル : 海外情報

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。