スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュージーランドを代表とする”ブラック”のつく名前 

カテゴリ:未分類

ニュージーランドを代表するスポーツチームには、”ブラック”が名前に付いているのがほとんどなのをお気づきでしょうか。ラグビーチームのAll Blacksはかなり有名ですよね。

クリケットチームは『Black Caps』、クリケット選手は選ばれると帽子(キャップ)をかぶる所から来ているようです。
ホッケーのチームは『Black Sticks』、ホッケーのスティックの事でしょう。
バスケットボールは『Tall Blacks』、背が高いからでしょうね。
ソフトボールは『Black Socks』、ユニフォームのソックスから。
車いすのラグビーチーム名は『Wheel Blacks』、アメリカンフットボールは『Iron Blacks』、アイスホッケーチームは『Ice Blacks』と名付けられています。アメリカンズカップ(ヨットレース)に使われたヨットの名前も『Black Magic』でしたね。

女性のラグビーチームは『Black Ferns』、これはネットボールチームの名前『Silver Ferns』からつけられたのだと思います。ちなみにシルバーファーンはシダの葉っぱの事をさします。オールブラックスのユニフォームに付いている葉っぱです。女子チームには”Ferns”が”Blacks”の変わりにつけられているようですね。

スポーツチーム以外にも”ブラック”の付いた名前をもつチームもあります。シェフの国際大会に出たニュージーランド代表チームは『Black Knives』でした。バリスタのニュージーランド代表チームまでも『Black Cups』と名付けられていました。そして、犬の敏捷性を評価する競技に出場したチームは『Black Paws』と名乗っていました!!


バトミントンのチームも一度名前があったのですが、あまり良い名前ではなかったので、使わなくなったそうです。ちなみに名前は『Black Cocks』。Cockはバトミントンの羽のことを表しているのですが、他の意味があるので、笑われてしまうのですよ!!

他にも面白い”ブラック”の付く名前を捜してみたいと思います!!なんでもありって感じでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : ニュージーランド ジャンル : 海外情報

コメント

しかし、なんで、ブラックをつけることが多いんでしょうね?

まひなさんへ

初めてニュージーランドのラグビーチームがイギリスへ遠征したときに黒いジャージを着ていたことから始まります。この遠征が成功したのでご縁をかって、次の遠征でも同じ黒いジャージを着ていったそうです。今では”黒”が国を象徴するようになっていますね。でもまだ国旗はイギリス系。黒い国旗に返る運動があったのですが、どうなってしまったのでしょうか.....。

なるほど。そういういきさつがあったんですね。
国旗を黒地に変える運動があったんですか。
黒を使ったのはあったと思いますが(ラインなど)、黒地に何かとか、黒を多く使った国旗はないですよね、確か。

黒地にシルバーファーンのマークはかっこいいですよね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。