スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュージーランドの料理人といえば、Alison Holst 

カテゴリ:食べ物の事

ニュージーランドの各家庭に必ずあると言われているレシピ本は、以前記事に書いたように『Edmonds Cookbook』です。記事はこちら。
それ以外にも家庭に一冊はあるのではないかと思われる料理本は『The best of Alison Holst』でしょう。
alison holst recipe book


1991年に第一版が発行されましたが、ポピュラーなので、またまた新しくなって戻ってきました。22項目に別れて1000個以上のレシピが紹介されています。ニュージーランドクラシックのtoasted cheese sandwichからscotch broth, red pepper coulis, tohu burgerまで、時代にそって新しい項目も加わりました。しかし昔ならではの料理もちゃんと入ってます。マカロニチーズやBLTバーガーなど、レシピがなくても作れるようなものまで、ちゃんとこの本には載っているのです。

使い勝手のいいこの本。チキンの解体方法からパイの模様の作り方、ピクルスの漬け方とか、料理に関して知りたい事はすべて載っているのではないかと思われます。電子レンジで作れる料理とかの項目もあります。

アリソンさんは60年代にテレビの料理番組に現れました。今では息子のサイモンと一緒に、31冊の本を発行したくらい。その上、電子レンジで使える食器類の販売も行っています。
alison and simon


彼女のレシピはニュージーランドの母親の味がモットー。イギリスの有名シェフ、ジェイミー・オリバーやゴードン・ラムジーなどが騒がれている中、彼女の料理はまだまだ人気が衰えません。家庭料理はいつまでたっても生き残るものですよね。

Edmonds CookbookとThe Best of Alison Holstの2冊があればニュージーランドの家庭料理もおまかせですね!!(もちろん我が家にもちゃんとあります。)
スポンサーサイト

テーマ : ニュージーランド ジャンル : 海外情報

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。