スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新米ママへのヘルプ 

カテゴリ:ニュージーランドのニュース

ニュージーランドでは、新生児とお母さんのためにPlunketという組織があります。Plunketによるサービスのほとんどが無料で、ニュージーランドの新米ママには欠かせない組織となっています。24時間電話相談のできるPlunket Lineは、ホント、なくてはならないサービスです。赤ちゃんに関しての不安なこと、わからないこと、どんな相談にものってくれます。

Plunketのサービスのひとつに、Plunketナースによる家庭訪問があります。ニュージーランドは赤ちゃんが生まれる前は助産婦さんが妊婦の面倒をみてくれます。(永住権・市民権があればそのサポートも無料で利用できます。)そして赤ちゃんが生まれてからの生後2ヶ月はPlunketナースが訪問してくれるのです。現在、訪問サポートは2回と決まっているのですが、その回数が5回に増えるという、うれしいニュースがはいっております。初めてのお産を経験したお母さん達を対応として、5回訪問をすすめていくそうです。赤ちゃん抱えて不安なときに、こうしてナースが訪れてくれるとほっとするものですよね。

ニュージーランドでお産をする際に、助産婦さん・もしくはお医者さんがいろんなサポートを提供してくれます。Wellchildというシステムがあり、生後から5歳まで、すべての子供の成長に欠かせないサポートサービスを無料でうけることができるようになっています。成長や健康チェックなどの記録できるWellchild Healthbookという日本で言う母子手帳ももらえます。
Well Child Logo

私も息子のWellchild Bookはしっかりと保存してあります。いろんな記録が記入されているので、ずっと取っておきたいものです。

お産はとっても不安なものですよね。しかも海外で、あまりしらないシステムの中でのお産はもっと大変なものです。こうして沢山のサポートがあるので、しっかりと遠慮なくお世話になってくださいね。
スポンサーサイト

テーマ : ニュージーランド ジャンル : 海外情報

コメント

Re: 新米ママへのヘルプ

うちは一度も自宅訪問はなかったです。それに、プランケッとナースは頭ごなしに言ってくるので、私は正直あまりすきじゃないです。これはプランケットナース次第でしょうが。。。
プラス、旦那の仕事で「売り上げをプランケットに寄付したい」と言ったら断られたので、うちはアンチプランケットです。

表紙、おかしいですよね。

Re: Re: 新米ママへのヘルプ

コミュニティーで活動する団体ですから、やはり場所によっては左右するかもしれませんよね。私は1~2回訪問受けました。健康児だったので、そんなに面度見てもらったという覚えはないですけど、悪かった印象もなかったです。助産婦さんはとってもいい人でした。レンタルでベビーシートを安く借りれてうれしかったです。やはりプランケットにも良し悪し、あるのですね。個人的にはいい団体だと思うのですけど、、、、。寄付をお断りというのはなぜなのでしょうかね。不思議。

Re: 新米ママへのヘルプ

まだ子どもいないんですけど、そういうシステムがあるんですね。初めて知りました。
永住権がないとダメってことはやはり永住権取れてからでないと難しいですね。

Re: Re: 新米ママへのヘルプ

ニュージーランドで生まれた子はニュージーランド人になります。そしてその子を通じて家族に永住権所得できるようになります。そんな制度を悪用する人が多かったので、制度が厳しくなったと聞いております。永住権のない妊婦には、お産実費かかるそうです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。