スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュージーランドの焼き物 

カテゴリ:ニュージーランドのニュース

ニュージーランドのほとんどの家庭で使われていた食器。Crown Lynn.1920年代からはじまり、60年代には南半球で一番大きな陶器製造会社となりました。残念ながら、1989年には陶器生産が終了してしまいました。海外からの安い食器には勝てなかったようです。それでもいまでもCrown Lynnの食器を使っている人、多いですよ。最近ではコレクターアイテムになり、オークションなどでかなり良い値段で出回っていたりもします。
crownlynn.jpegcrownlynn2.jpeg

Crown Lynnのデザインはとってもシンプルで、画期的だったりします。私はこの会社のデザイン大好きで、セカンドハンドの店とかでいいな~っと目のついたお皿とかは、Crown Lynnだったりするのが多いです。家でもCrown Lynnのお皿使ってます。一番大好きだった3枚セットのが、2枚割れてしまったので、残った1枚は飾り物にして大切にとってあります。お皿などは使うもの!っと考えている自分ですが、やはり使うと壊れてしまう可能性大ですからね。大切にとっておきたいものは、使ってはならぬ、、、、というのも学びました。下の写真のがそれです。毎晩ごはんに使っていたので、真っ二つに割れてしまいました。悲劇です。
crownlynn3.jpeg

ウェリントンのCity Galleryにて、Crown Lynnのエキシビションが行なわれていたので、ちょっと足を運んでみました。来週にはエキシビションが終わってしまうんですよ。1月からはじまっていたエキシビションなのですが、いけずじまいで、やっと今日行けたのです。終わる前に見れてよかった、っとほっとしている自分です。

エキシビションには、自分のもっている1枚の皿があった!うれしい!ほかにも知り合いのもっている皿のデザインのやつとかも見つけて、Crown Lynnはコレクターアイテムだけど、一般市民に愛されている陶器なんだな~というのが分かりました。

数年前まではセカンドハンドの店でかなり簡単にみつけることのできた陶器ですが、いまではなかなかみつかりません。コレクターがしっかりと集めているんでしょうね。ただたんにデザインが好きで、あつめている自分にとっては、ちょっと悲しい状況です。でも、多くの方に愛されている陶器。これからも大事に愛され続けてもらいたいです。
スポンサーサイト

テーマ : ニュージーランド ジャンル : 海外情報

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。