スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クライストチャーチ地震、6日目。 

カテゴリ:ニュージーランドのニュース

地震から6日目を迎えています。
Flowers placed on the remains of a car crushed by bricks from a collapsed building on Riccarton Road, near Hagley Park.

今日現在、死者は147人だと発表されています。しかし、この数字は200以上まで上る可能性が高いようです。

CTV Buildingでの救助はまだまだ続いています。
崩壊したビルの中では火事が起こったそうで、遺体捜しもかなり大変な作業だそうです。4階部分が1階になるという、崩れ状態で、遺体もかなりダメージがあるといわれています。身分確認のできそうもない遺体もあるかもしれないとのことです。DNAを使っての身分確認をするのですが、それにはかなり時間がかかるようで、待ち続けている親類には苦しい時間が続きそうです。
明日には死亡者2名の名前が公開されると言われています。

ニュージーランドのレスキュー隊と共に、日本と中国からのレスキュー隊がCTV Buildingでの救助を続けております。イギリスからのチームはPyne Gould buildingでがんばっております。世界中からの援助が絶えない。本当にすばらしいことです。南半球の小さな島国ニュージーランドに、こんなにも海外から援助が来るんですから。うれしいものです。きっと、今回の地震は外国人の被害者が多くでたことも理由のひとつかもしれませんね。

クライストチャーチの被害写真をみると、これからどうやって復興していくのだろうか、、、、と気が遠くなる気分です。神戸も復活しましたから、クライストチャーチもきっと復活してくれることでしょう。


明日の朝5時に、ウェリントンから海軍の船HMNZS Canterburyがクライストチャーチに向かいます。船にはクライストチャーチの復興活動に必要となる機材が積まれています。四駆の車29台、28000リットルのオイルタンカー、水、Unimog2台、トラック、発電機などが運ばれるそうです。明日の午後5時にはリトルトンに到着する予定のようです。リトルトンの港は、地震の際にダメージを受けましたが、今では開港しているそうです。クライストチャーチに運ばれる荷物はこの港からが主なので、とっても重要な役目をしています。

だんだんと日が経ってくると、ニュースも少なくなってきます。それでも新しい情報が入りましたら、こちらのブログにて紹介させていただきます。沢山の方の情報源になってくれたようで、うれしいです。読んでくださってありがとうございます。
スポンサーサイト

テーマ : ニュージーランド ジャンル : 海外情報

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。