スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国会議事堂オープンデー 

カテゴリ:イベント

beehive

frontstep of the beehive


ビーハイブ(蜂の巣)の名前で有名なニュージーランドの国会議事堂。ここのオープンデーが今日ありました。普段の一般には1時間に一回出発するツアーがありますけど、今日は案内係に付いて廻らず、勝手に国会の中を見て回ることができました。日本や他の海外の国ではこんなこと考えられないでしょうね。普段でもセキュリティーはしっかりしていて、荷物を預けなければいけなかったりするのに、今日はそれも無しでした。

子供達向けにクイズなどがあり、国会の中を探検してクイズの答えを見つけるのです。新しくEducation roomなども作られていました。コンピューターが並んでいて子供達が国会の事を遊びながら学ぶ事ができます。部屋自体は小さめの議会場となってます。地元の学校からの遠足などできっと役に立つだろうと思われます。

普段のツアーでは入れない場所まで入る事ができました。
政治家や国会で働く人達用のカフェも一般オープンしてました。私はここで働いていたことがあり、なんだか懐かしかったです。特別委員会の部屋なども普段入らない部屋まで入って行きました。国会議事堂の隣にある図書館の中もじっくりと見る事ができました。ツアーではこんなにゆっくり見る事が出来ないので,今日はしっかりと見納めしておきました。普段入れない場所と思うとなんだかドキドキしますよね。

国会議事堂のツアーはウェリントンに来た方には必ず参加して頂きたいものの一つです。政治の仕組みとかに興味がない人でも、建物の内装、インテリア、ここでしか買えないお土産物などを目的に行ってもいいのでは?
スポンサーサイト

テーマ : ニュージーランド ジャンル : 海外情報

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。