スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クライストチャーチでの地震:その2 

カテゴリ:ニュージーランドのニュース

昨日のブログは、いきなりアクセス数が山登りしていました。日本から情報集めをしている方が多かったのだと思われます。日本ではそんなにニュースになっていないのでしょうか。少しでも情報入手のお役に立ってくれているのを願って、こちらのブログでも書かせてもらいますね。


さてさて、一日後の今日。クライストチャーチの天気予報では、強風が予想されております。風速130キロまで上る予想みたいです。(ウェリントンではそよ風と感じる程度の風ですよ、、、、、、冗談)なので、地震で弱っている建物などに、再度の被害がでるだろうといわれております。みなさん、壊れている建物のそばにはいかないようにしてくださいね。


またまた大使館からメール届いてました。こうして日本語で公式手紙のようなものがくると、物事の大きさが伝わってきます。

「在留邦人各位
平成22年9月4日
在ニュージーランド大使館

NZ警察は,4日午後5時半,要旨以下の内容の報道発表を行いました。警察官等の指示に従い,クライストチャーチ市内中心部への立ち入りは十分にご注意下さい。

 4日から5日にかけては,地震被害による落下物等2次的被害を防ぐため,一晩中クライストチャーチ市内中心部は警察が非常線を張って立ち入りを制限する。許可を得ていない建物に立ち入ることを許されず,一般の非常線内への立ち入りは認められない。
 また,防災緊急事態法(Civil Defence Emergency Act)第88条に基づき,午後7時より翌日午前7時までの間,夜間外出禁止令(curfew)が発令された。対象は,市内中心部のキルモア通り(Kilmore St),マドラス通り(Madras St),モントリオール通り(Montreal St)及びセント・アサフ通り(St. Asaph St)で囲まれた区域であり,これに違反する者は逮捕される。」
スポンサーサイト

テーマ : ニュージーランド ジャンル : 海外情報

コメント

Re: クライストチャーチでの地震:その2

在留届出してあるのに、うちにはEメール届かないです。
新聞の写真とか見ました。ひどいですね。
これが同じニュージーランド国内で起こっているということが信じられないです。
ニュースも見てましたが、ビール片手に瓦礫を眺めてたりするところはNZっぽいなーって思います。

Rieepさんへ

大使館にメールアドレスも登録してありますか?ネットでメールを確認するたびに、大使館からメールが来ていてびっくりです。対応がほんと早いこと!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。