スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sir Ian McKellenによるウェリントントップ10 

カテゴリ:ウェリントン情報

ロードオブザリングの撮影でかなりの時間をウェリントンで過ごしてくれたSir Ian McKellen。6月にはWaiting for Godotという劇に主演のためにウェリントンに戻ってきてくれていました。劇に出演していたイギリス人役者さん達のツアーガイドでも勤めることのできるくらい、ウェリントン慣れしているSir Ian。

先日のThe Dominion Postに、Sir Ianによる、ウェリントン見所トップ10が書かれておりました。こんな感じです。
1:Weta Cave
2:Chocolate Fish Cafe (以前の場所か、現在の場所か?現在地のカフェに行ったのか気になります。)
3:Kent TerraceにあるCapitolというレストラン。エンバシーシアターの隣にあるやつです。ここで食事を取りながらのインタビューもやっていました。
4:NZ Portrait Galleryにて行なわれていたNick Cuthellのエキシビション
5:テパパ博物館で開催中のエキシビション、The Art of Tapa Cloth
6:St.James Theatre -ここで劇をしていたので、もちろんのことでしょう、、、、
7:Owhiro Bay
8:The Picton Ferry
9:ケーブルカーとウェリントン植物園
10:ワイララパ地方までのドライブ

本音なのかマスコミ向けなのか、、、、
スポンサーサイト

テーマ : ニュージーランド ジャンル : 海外情報

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。