スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラグビーワールドカップに向けて、新しい銅像建設予定 

カテゴリ:ラグビーの事

2011年にニュージーランドにて開催されるラグビーワールドカップ。開催期間中は世界各国からの訪問者でウェリントンもにぎわうことが予想されています。

開催中にウェリントンの良さをアピールするための案がたくさん出ています。そのうちのひとつ、世界で有名なウェリントンの会社ウェタワークショップによる、銅像建築。
Wellington Mayor Kerry Prendergast and Weta Workshops Richard Taylor with the miniature of a sculpture which has been proposed as a centre piece for Wellingtons hosting of the 2010 Rugby World Cup.
左はウェリントンの市長、 Kerry Prendergastさん。右はWeta WorkshopのRichard Taylorさん。
(写真はDominion Postからお借りしています。)

銅像の前側はちょっと台となっていて、この前でチームの記念撮影ができやすくなるそうです。2チームがLineoutでボールを競っているところを描いており、ウェリントンの景色も銅像デザインに取り入れられているそうです。ボールに日が当たるように作られる場所も選ばれるみたいです。高さは4,5メールとくらいを予想されています。

出来上がりがきになるものですね。

こちらのビデオでリチャードさんの会見がみられます。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。