スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LOTRエキシビションの展示物 

カテゴリ:ロードオブザリング関係

entrance


先日のエキシビションレポートに続き、展示物のリストを書いてみました。自分で覚えている限りの物を載せましたので、すべては制覇していないと思います。すみません。展示場の中は写真がまったく禁止なので、やはり実際の目で見て欲しいです!(リストは一応順番で載せてみたつもりでが、廻り方によっては違ってきますね。)

・レゴラスの服、武器、弓矢のセット(ガラドリエルからもらった特別なやつ)
・ギムリの服、武器
・アラゴルンの服、刀(Narsil)、the Ring of Barahir, the Evenstar(ネックレス)、王の冠、Anduril(エルフがNarsilから作った最後の戦いに使った刀)
・フロドの服、Mithril vest、Thorin's map、「There and Back again」、Sting、エルフのブローチ、ガラドリエルからもらったPhial(暗闇で光る奴ね)
・ガラドリエルの服、王冠、指輪、エルフのホルン
・セルボーンの首飾り、王冠
・ガンドルフ(the white)の服と杖、指輪、刀(Glamdring)、Minas Tirithの書斎にあった紙類、お菓子の袋
・エルロンドの冠、指輪、エルフの王笏、望遠鏡
・サルマンの服、杖、Palantir-これは黒いガラスで出来ていた。映画だと黒かったっけ?
・ボロミアの死体!本物そっくりのボロミアが船の中で眠ってます!映画で川に流した奴だね。
・ローハン兵の馬の鞍とその置き台
・セオドンの兜、刀、シールド、ハンコ、ローハンの戦のホルン、ベルトの止めがね
・アルウェンの刀、レクイエムドレス、結婚式の旗
・Treebeardとエントの模型
・サウロンに制覇され、滅びたホビトンのミニチュアセット
・サウロンのモデル
・Barad-Dur(サウロンの住んでいる塔)ー1/500のスケールでした。あの赤い目はなかったぞ....。
・Orthanc(アイゼンガルドの塔)の模型
・大・中・小のスケールの小物。すべての小物を2種類以上(ホビット用と人間用)につくったそうだ。馬やキャストも大きさ2種類あるんだってさあ....。気が遠くなりそ~。
・ONE RING!ー暗いお部屋に入っていくと、真ん中にあの指輪が!そして指輪に書いてある文字が暗闇に現れる!なかなか演出の良い場所でしたよ。
・Minas Tirithの模型。映画で実際に使われました(遠くからのショットで)。じっくり観察してみたくなる。とっても細かく出来てましたよ。1/72スケール。
・ゴラムのいろんな顔のモデル。怒った顔、喜んでいる顔、悲しい顔など...。
・Mumak(ゾウの化け物みたいなやつ)のミニチュア
・ケーブトロールとゴブリンの像。迫力ありますよ!
・ローハン、ゴンドール、アラゴルン.....等の旗が天井からぶら下がってます。いくつかの旗はお店で買えるようになっていた。でも高いぞ...。
・Four crowns of menとfour ringwraith crowns
・ナズグルの武器、馬にかぶせた引き具、ナズグルの服
・ウルクハイのリーダー、Lurtzのモデル、武器、オークの武器
・Third age elfのモデル
・Sherob(蜘蛛)の顔モデル
・Elendilのヘルメット
・Isildurのヘルメット
・Eomerのヘルメット
・Citaldel軍のヘルメット
・ローハンのヘルメット
・Haradのコスチューム、武器
・Third Age Gondorianのコスチューム、武器
・ローハンのコスチューム、武器
・ゴンドールレンジャー(ファラミアの服ね)のコスチューム、武器
・Rohan swardsmanのコスチューム、武器
・Rohan spearsmanのコスチューム、武器
・First age Gondorianのコスチューム、武器
・First age elf foot soldierのコスチューム、武器
・ワーグに乗っている奴のコスチューム、武器
・オークのコスチューム、武器
・モリアに住むオークのコスチューム、武器
・ウルクハイのコスチューム、武器
・ホビットの足、耳
・ウルクハイの顔型
・ハルディアの弓、刀、矢のセットーすごく綺麗だった。やはりエルフの武器は可憐である。
・First age elfのシールドと刀
・チェインメールで出来たコルセット。この作り方のビデオは見て欲しい。こんなにまで細かくやっていたのかと思うと、どんな小さな小物にも頭あがりませんよ。
・ゴブリンのモデル
・3種類の刀。鉄で出来ている本物の刀、軽くて使いやすいアルミで出来た刀、ウレタンでできたスタント用の刀。比べてみると面白い。

これ以外に、あちらこちらにテレビ画面があって、スタッフや役者によるインタビュー、映画撮影時の話、CGについて、スケールの違いを出す方法、ウルクハイの作り方!.....とにかくいっぱいあります!全部見ているとものすごい時間になる。それでもやはりすべて見たいのがファンなのである。英語だから、もっと大変かも....。あと、アラン・リーさん他によるイラストもばっちり紹介されています!こちらもちゃんと見て回ってね。

そして!自分がホビットになれる!といっても特殊カメラで撮影してもらうって事なんだけど。自分の大きさを大きくしてもらって比べるって感じかな。これの写真を欲しい方は展示場に入る前に$5をしっかり用意しておいて下さいね!

書き残し、絶対にあると思いますが、とりあえず、この辺でなんとか展示物の感じは分かって頂けるのではないでしょうか。やはり自分で足を運んで実際にみるのが一番です!8月20日にまで、ぜひぜひ訪ねてみて下さいね!

書いているだけで疲れました。
スポンサーサイト

テーマ : ニュージーランド ジャンル : 海外情報

コメント

週末の博物館

こんにちは。
展示物リスト、ありがとうございます!
すごい量ですね。
私は6月初めにウエリントンに行く予定で、現在スケジュールを立てているところなのですが、2日(金)か3日(土)に指輪展に行こうと思っています。
そこで、教えていただけるとありがたいのですが、やはり、週末は混みますか?
せっかくなので、ゆっくり観たいなと思うのですが、移動などから考えると、3日(土)に指輪展を入れるのが都合がよさそうなんで・・・
初めてのお便りで、あつかましくて申し訳ありません;

naoさんへ

初めまして!メッセージありがとうございます。
週末はやはり混みますね。学生や家族が来る様になりますからね。週の中の日が一番いいかなって思います。木曜日でしたら夜の9時まで博物館開いてますので、夜に行くのもいいかも。
ウェリントンでなにかお手伝い必要でしたらご連絡くださいね!送迎など致しますよ!

ありがとうございます!

早速に、回答をありがとうございます。
参考にさせていただきます。
また、ご報告させていただきます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。